カードローン新規申込みでいきなり高額借入れは可能か?

MENU

カードローンの新規申込みですぐに高額借入れの希望は可能でしょうか?

 
カードローンの新規申込みでいきなり高額の借入れを希望することは可能でしょうか?
消費者金融を利用するのに最近では少額の借入れをして次の給料日には返済するという方が増えてきました。
それでも様々な理由から高額の借入れを希望する方もいらっしゃいます。

 

高額の融資の場合は普通に考えると担保や保証人など、色々用意しなければならないものがあるように考えてしまいますがどうなんでしょうか?
基本的には消費者金融では融資の際は無担保・無保証で借入れが可能です。それは消費者金融が扱っているフリーローンという商品の形態によるところが大きいです。フリーローンはお金の使用途を問われることはありません。

 

通常、ローンには住宅ローンや自動車ローンなど目的に応じたローンがあります。子供の学資目的のローンや会社に貸すことを目的としたローンも当然有ります。目的がはっきりしているから貸す側にも返済の確約取れます。ですので金利を下げることも出来るわけですし、高額の融資が可能なんです。

 

消費者金融の新規での借入限度額は表示されていませんが、50万円がラインではないかと考えられます。表示されている限度額が例え300万円や500万円と表示されていても新規でいきなりは難しいでしょう。

 

消費者金融では50万円までの融資の場合、収入証明書の提示が不要となっています。それ以上の融資になると収入証明書を準備する必要があります。新規でも収入証明書だけでなくいくつか証明書を提示すれば借り入れが可能になるかもしれません。

 

次に、総量規制の問題があります。年収の3分の1までしか借りることが出来ない総量規制ですが、それだけ収入は借入限度額に影響してきます。当然、200万円、300万円借りようと思うと、年収が600万円、900万円と条件が厳しくなっていきます。収入証明書だけでなく確定申告などいろいろ必要になるでしょう。

 

また、支出も問われることになります。例え希望額と年収の折り合いがついたとしても、月の支出が多くなってくると、返済に充てられる額が少なくなるのは当然です。住宅ローンや自動車ローン、それからクレジットカードのショッピングローンなどの各種ローンは総量規制の対象ではないので、借りる際の制限は受けませんが、月々の返済額を決める上で、毎月のローンの額は問われてしまいます。

 

結論としては、やはり年収が多ければ多いほど高額の借り入れが可能にはなってきますが、高額の融資になると利息も高くなってきます。それなら目的融資ありの銀行系などでできるだけ低い金利で融資を受けたほうが良いでしょう。収入が多く、高額の融資を希望するなら銀行系のほうがお得です。

 

消費者金融カードローンの一番のメリットは、すぐに借りれることです。ちょっと生活費に困った、次の給料日まで少しだけお金が足りないといった状況で、すぐにお金を借りたい、という場合に消費者金融のカードローンはとても助かる存在です。