カードローンの審査で消費者金融が利用している信用情報機関について

MENU

カードローンの審査で消費者金融が利用している信用情報機関について

 
カードローンの審査で消費者金融を含む金融機関のほとんどが利用している信用情報機関はどんなところなんでしょうか?消費者金融はどのように審査に活用しているのでしょうか?

カードローンの審査の基準は一般の人にはわからないようになっています。年収でしょうか?勤続年数でしょうか?他社からの借入金額も影響するかもしれません。ですが、確実に影響があるのは「過去の利用履歴」になります。

 

過去に、消費者金融や銀行でのキャッシング・カードローンを利用したことがない方には関係のない話ですが、一度でも利用した過去があるかたは気になるところです。過去に金融機関で返済の遅れや、債務整理などあった場合は信用情報機関に履歴が残っていますので、その情報を照会すれば、個人の履歴がまるわかりというわけです。

 

いわゆるブラックリストとして履歴に残っている場合、新規の申込者に対して消費者金融が判断材料にしますので、厳しい審査結果が待っているでしょう。実はその情報を自分で確かめる方法はあります。日本の信用情報機関は主に3社あります。情報は共有しているので1社を照会すれば大丈夫ですが、心配であれば2社でも問題ありません。

 

信用情報機関は「JICC」と「CIC」で自分の情報を開示できます。どちらもパソコンかスマートフォンから申込みができるので、気軽に申請が出来るのが特徴です。

 

ちなみに、開示の結果ですが「JICC」は郵便で、「CIC」はpdfをダウンロードで確認できます。

実は信用情報機関に履歴が残っているのは消費者金融やクレジットカードだけではありません。携帯電話の支払履歴も残っています。携帯電話の契約方法は通話料とは別に本体を2年間の分割返済というカタチを取っています。ですので、支払いではなくローンの返済にあたります。ですから、携帯料金は約1ヶ月以上未払いになると、一時的に利用できなくなりますが、同時に信用情報機関に遅延情報が掲載されます。3ヶ月くらい未払いのままだと、さらに事故扱いになる可能性が出てきます。そうなると、新規で消費者金融やクレジットカードに申込もうとした時にマイナスポイントになりかねません。くれぐれも未払いの無いように気をつけましょう。

 

カードローンの審査で消費者金融が利用している信用情報機関について記事一覧

カードローンの審査で消費者金融を含む金融機関のほとんどが利用している信用情報機関の「JICC」はどんなところなんでしょうか?正式名称は「株式会社 日本信用情報機構」と言います。消費者金融ではカードローンなど融資をする場合、どのような内容の情報を元に審査に活用しているのでしょうか?「JICC」で得られる個人の履歴情報の内容はこちら。● 本人を特定する情報の内容その情報の登録期間氏名・生年月日・性別・...