カードローンの審査で消費者金融が利用している信用情報機関について

MENU

カードローンの審査で消費者金融が利用している「JICC」という信用情報機関について

 
カードローンの審査で消費者金融を含む金融機関のほとんどが利用している信用情報機関の「JICC」はどんなところなんでしょうか?正式名称は「株式会社 日本信用情報機構」と言います。消費者金融ではカードローンなど融資をする場合、どのような内容の情報を元に審査に活用しているのでしょうか?
「JICC」で得られる個人の履歴情報の内容はこちら。
本人を特定する情報の内容 その情報の登録期間
氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号・運転免許証等の記号番号等 契約内容に関する情報等が登録されている期間
契約に関する情報の内容 その情報の登録期間
登録会員名・契約の種類・契約日・貸付日・契約金額・貸付金額・保証額等 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間
返済状況に関する情報の内容 その情報の登録期間
入金日・入金予定日・残高金額・完済日・延滞等 契約継続中及び完済日から5年を超えない期間 (ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
取引事実に関する情報の内容 その情報の登録期間
債権回収・債務整理・保証履行・強制解約・破産申立・債権譲渡等 当該事実の発生日から5年を超えない期間 (ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
申込みに関する情報の内容 その情報の登録期間
本人を特定する情報(氏名、生年月日、電話番号及び運転免許証等の記号番号等)、並びに申込日及び申込商品種別等 申込日から6ヵ月を超えない期間

こちらに残る履歴は5年経過した情報はなくなります。完済日から5年以内の情報しか審査に反映されないということになります。

 

「申し込みブラック」というのをご存知でしょうか?いわゆる「多重申込み」といって一度に複数の消費者金融カードローンに同時に申し込むと、それが影響して新規の申し込みが厳しくなるというものです。「申し込みに関する情報」がそれにあたります。こちらの履歴保存期間は6ヶ月になります。それを過ぎればリセットされますので、すでに2〜3件の申し込みを同時期にしていると判断したら、半年待ってみるのが良いでしょう。詳細を見ると6ヶ月経過しないと危険だということになります。